ワイズ総研顧問団 主任研究員紹介

丁宗鐡 日本薬科大学学長、百済診療所院長

丁 宗鐡-MUNETETSU TEI-

漢方医学、臨床薬理学、医薬品開発

昭和22年11月6日生

昭和49年 横浜市立大学医学部卒業
昭和51年 横浜市立大学医学部大学院医学研究科修了
昭和51年 北里研究所入所
昭和54年 北里研究所東洋医学総合研究所医長
昭和61年 北里研究所東洋医学総合研究所研究部門長、
平成8年 東京大学大学院医学系研究科生体防御機能学講座客員助教授
平成16年 日本薬科大学教授
平成16年 東京女子医科大学特任教授
百済診療所 院長

学生時代から漢方の第一人者である石原明、大塚恭男、伊藤宏、大塚敬節各氏に師事、東洋医学・医史学・薬理学を学ぶ。
漢方による難病治療、がんの免疫療法、抗加齢療法、統合医療学など幅広い分野で活躍し、日本に最初に漢方を広めた国である百済と百歳まで健康長寿を願って百済(ひゃくさい)診療所を開業。
また著名野球選手が続けていることでも話題になった「朝カレー」を提唱。

最近の著書
『腸を鍛えてやせる!健康になる!―免疫力アップ ガンにならない!漢方薬ガイド&放射性物質対策も』(2011年6月)
『がんにならない生き方―漢方治療の現場から』(2011年5月)
『ポックリ、大往生。』(2011年2月)